前へ
次へ

新品や未使用だと査定が良くなる可能性

中古品の買取において、ゴールドであれば特に汚れなどがあっても査定に影響することはないとされます。
買取った後にそのまま売却するのではなく、ゴールドを一旦溶かして金属として成形して再利用するためです。
汚れなどがあっても溶かすときに取れますし、アクセサリーの部品が故障していても査定に影響しません。
ゴールドなどの金属の買取は特殊なケースと言えるでしょう。
一般的に中古品を買取ってもらうとき、多少のクリーニングをした上で別にそれを欲しいと考えている人に売却をします。
軽い汚れであればクリーニングで取れることもありますが、シミなどが付いていると取れないときもあります。
着物の買取において査定に影響する部分として、新品や未使用かどうかが大きく影響します。
新品であれば査定額が大きくなるかもしれません。
使っていたとしても、きれいな状態であれば新品同様品になるので査定額が高くなる可能性があります。
封を開けていないことが分かれば、新品であるアピールになります。

未使用でも長年放置してあるものは注意が必要

布製品と言いますと、防虫に対する対策が必要になります。
ドラッグストアに防虫用の商品が売られているので、それらを用いることで虫を防げるときがあります。
着物の場合は和服用の防虫剤を用いると良いかもしれません。
一般的なものでも使えますが、和服用の方がより使いやすくなっています。
着物を購入した後は、できれば専用のタンスなどを購入し、防虫対策直をして保管しておきます。
いつか着ようと置いていたものの一度も着ずにそのまま十数年置いているときがあります。
一応防虫剤などは取り換えていたものの、中を見たり袖を通していない状態です。
これなら未使用品として査定してもらえるかもしれません。
着物の査定においては、未使用品や新品は価値が上る可能性があります。
しかしこれはその状態をキープしていることが大事です。
買ったときの状態が維持されていなければ意味がありません。
防虫剤をただ置いているだけだと、防虫剤のシミなどが付いてしまうときもあります。
きちんと管理をしないと、未使用品としての査定が難しくなります。

Page Top