前へ
次へ

着物の丈は150センチ以上が理想

洋服にはサイズがあります。
市販品はある程度柔軟に作られているので、何とか探せば着られるものを見つけられるでしょう。
たまにぴったりのものを見つけられるときもありますが、オーダーメイドでない限り隅から隅までぴったりのものを見つけるのは無理です。
では着物はどうなっているかです。
着物は反物からその人用に仕立てるのが一般的です。
ですからオーダーメイドに近いと言えるでしょう。
ではその人しか着られないかと言えばそうでもありません。
着物の仕立てはある程度決まっているので、ほどけば反物になります。
ですから大きすぎる場合はほどいて仕立て直し等ができます。
着物の買取においては、丈が短くなると難しくなるときがあります。
150センチぐらいまでであればそれなりにニーズがありますが、それよりも短くなると子供用になります。
一気にニーズが少なくなるため、買取できないときがあるようです。
あまり小さすぎるものには注意が必要と言えます。

サイズや産地によっても買取金額は変わるから

着物を買取査定に出す時に注意したいのは、汚れや傷があるかどうかだけではありません。
質やサイズ、作者や産地、更に当節の流行も関係しています。
正絹は高値で買い取ってもらえますが、化学繊維やウールといった着物の場合には買取査定で買取不可と判断されるか、安く買い叩かれる可能性が高いでしょう。
また、昨今ではサイズが大きめな物が人気を集めており、小さすぎる物は少々買取不可となる可能性があります。
また、あまり大きすぎても買い取り不可となる可能性が少なくありませんので、買取査定に出す前に注意してください。
ただし、ある程度質の高い産地や作者の物であれば、大きさによらずに買い取ってもらえる可能性があるでしょう。
その場合、着物買取専門店に依頼すると、より細かくチェックしてもらえること、価格のつけ方も作者や産地に配慮されている物が多いため、参考にしてください。
納得できる金額で買い取ってもらいたい場合には必ず京都や加賀、越後、薩摩、丹波といった産地を確認しましょう。

Page Top